INDEX    RSS    ADMIN

7/22

◼️カーリース開始
朝は電車
帰りはグラブタクシー

そんな生活を二ヶ月ほどした結果

車をリースする事にした。

ベンツかBMWかアウディーか迷ったけど
乗るならやっぱり国産かな…

という事で

PERODUA社のBezza1300ccをリースした。
20180722171732191.jpeg 

マレーシア国産車

郷に入れば郷に従え だ。

ダイハツの資本が入っているようで中身は日本車に近いとか。

本当は安心なピュアな日本車乗りたいけど
マレーシア産以外は税金200%でとても乗るきになれないお値段だ

大人になったら日本車乗りたい。

◼️マレーシアドライブ

月曜から車通勤。

タクシーだと25分から30分の距離

出勤出来ないと問題だから通勤練習をした。

タクシーの癖で
後部座席のドアを開けて乗り込もうとしながら通勤練習開始

1時間20分かかった

いやはやげっそりした…。

道の作りが首都高で看板がマレー語でナビ音声が英語

ドライバーは大磯クリテのビギナークラスで自由走行

帰りにサンウェイピラミッドというモールに寄った。

特に用事はないが疲れてぼーっとしていた。
20180722174032615.jpeg 

◼️自転車道探し

ゲンティンハイランド
KLから車で50分

午前11時発で標高1700mの高地にあるカジノリゾート地へいってきた。

結局自転車は一台も見なかったけど、山は気持ちが良いもんだ。

最低掛け金でバカラというカジノゲーム初体験

1ゲーム1分ほどで1500円なくなった。

気持ちが良いもんだ…

山を見てリフレッシュ。

さぁ来週も地味に丁寧に事故なく生きよう。

おやすみなさい。
2018072218113920a.jpeg 

スポンサーサイト

7/15

◼️免許証

マレーシアの免許証を取得した。

20180715173935648.jpeg 

1.日本大使館で日本免許を英訳

2.交通局へ必要書類を持って行くor交通局で準備


※必要書類

・パスポート原本

・パスポート写真ページコピー

・滞在ビザページコピー

・出国入国スタンプページコピー

・日本免許証

・日本免許証コピー

・顔写真

・申請書類(マレー語)


5年有効で345RM(9500円)


マレー語の書類読めないからGoogle翻訳しながら

住所と名前だけ書いて殆ど空欄で出してみたけど何も言われなかったな…


ライフルやらショットガン持ったオジちゃんが暇そうにしていた。

身長くらいあるけど撃って大丈夫かな…

20180715174841460.jpeg 



◼️レンタカー
レンタカー料金一括見積もりサイトで検索。

数社からの見積もりが届いて比較出来るのが売りな様子

日本の引越し見積もりみたいなものかな。

電話くるのいやだなぁと思ったけど他の方法も思い浮かばず、登録。

結果送られてきた見積もり

1件

そっかここマレーシアだ。

ということで、土曜日に直接レンタカー屋へ。

Google評価は良いお店。

到着してとりあえず車庫みると綺麗だし、掃除もされている様子。
(同僚が借りたレンタカーはG3匹セット)

後は値段聞いてみようと思い事務所へ行くと

担当いなくて分からん 

そっか…

前途多難。
20180715180130554.jpeg 

◼️ケーキ時々アリ

最近、ケーキが美味しくて毎週末食べている。
20180715182309f7b.jpeg 

しかし家で甘いものを食べて気を抜くと
机の上にまで蟻がくるからカフェへ行くことになる。

床での戦いに勝利して喜んでいたけど

次の戦の火蓋が切って落とされただけだったようだ…。

以前はカフェで長時間過ごす人たちを不思議に思っていたけど

今なら分かる。

カフェは避難所なのだ。

蟻に家を追われた蟻難民の拠り所だったのだ。

僕に出来ることは

対蟻専用卓上型自動追従駆逐機の完成を待つことだけ。

その間はこの小さなブログメディアを通じて
悲惨な蟻難民の現状を世界に訴えかけていきたい。

さぁ
来週も戦いだ。

日記絵
絵を描いてる間だけは戦いを忘れられる
バスさん

20180715172434f9d.jpeg 

7/8

◼️自転車屋

猛烈に自転車乗りたくて

でも命削って乗りたくはないから悩ましい…。

という事で気晴らしに新規自転車屋開拓。

街路樹が歩道を開拓している道を歩き歩き。

20180708230629ea9.jpeg 

やっぱりこの国は車が無いと険しいなぁ

自転車屋到着。

バイクなんちゃら、というお店。

最近は休みになると英語脳が停止して単語を読む努力さえ怠ってしまう
20180708230629aa8.jpeg

カスタムバイク扱ってるお店でメンテナンスも売りにしている様子。

色々聞きたいけどスムーズに話せないから
10分ほどチェーンオイル缶の成分表読んでる感じで会話の流れを考える。

そうしてる間に怪しまれ店員さんに話しかけられる

ワタシ、ジャパニーズ。2ヶ月マレーシア住んでる。働いてる。

自転車、スキ。友達、ホシイ。

どうやら、8月12日ショップライドで80kmほど走るようだ。

7時発で昼前には戻って、マレー料理パーティするらしい。

おぉ…1ヶ月後に初ライドなるか。

あとはショップまで生きてたどり着かないと。

自転車レーンは故障車が止まるスペースでしかないからなぁ
グラブカーに乗せてくれるかな…
20180708230627551.jpeg 

兎にも角にも自転車乗りたくて悶々とした週末だった。

さー

来週も少しずつ。

日記絵
シートベルト壊れた軽自動車で120km/h帰宅
お爺ちゃんで車種PROTONにはもう乗らないぞ…!
20180708230645300.jpeg 


7/1

◼️流しタクシー


街を流しているタクシーの大半はこの赤のタクシー。

基本的にメーターで走ってくれず、交渉が必要になることが多いため

なんとも悩ましい乗り物になっている。

現地の人ですら使いたがらない。

もちろん中には良心的なドライバーもいるだろうけど

極力乗りたく無い乗り物だ。

201807012350540f0.jpeg 

◼️個人タクシー

グラブ

そう呼ばれるタクシー配車アプリがマレーシアでは使われている。

これ無しでは生活を考えられないほど僕も日常的に使う。

隙間時間に個人がタクシー営業を出来る仕組みだそうだ

料金も乗る前に提示されていて、カード決済も出来るから
もはや流しのタクシーに乗るメリットがなくなってしまった。

…と思っていたけど最近は問題も感じる。

◼️ちんちんタクシー

一般人と一般人。

話す事が好きな人の車では会話が必要だ

日本が好きで…と言っている相手を邪険に扱う事はできない。

しかし夜中0時近く、仕事で疲れた頭で慣れない英語の会話は大変だ。

それが下ネタなら尚のこと大変だ。

タクシーに乗り込み僕が日本人だと分かると

オジさんは嬉しそうに「ちんちん」の説明を始めた。

ちんちん」 はマレー語で「指輪」を指すようだ。

残念なことに日本語で「ちんちん」は「ちんちん」だ。

出会ってちんちんの説明が始まるまでかかった時間は1分半ほど

オジさんの鉄板トークなのだろう。

そして僕が「結婚ちんちんを無くして奥さんに怒られた」というと

大笑いをしていた。

マレーシアにきて何やってんだろう

そう思った瞬間だった。

マレーシアにはちんちんタクシーが走っている。

明日はどんなタクシーと出会うのだろう…

さぁ今週も少しずつ。

おやすみなさい。

日記絵
ちんちんおじさん
20180701235053ec5.png 

6/24

◼️蟻という生き物

人類が住居を構え蟻との戦いが始まったのが2万5千年ほど前

戦いは今日まで続き熾烈を極めている。

日課であるローラーを終えると小さな小さな蟻がローラへ集まってきた。

隙間にテープを貼ろうが、虫除けスプレーを撒こうが

何処からともなくやって来るのだ

汗だくになりながら蟻どもをクイックルワイパーで駆逐する。

未だに人類は蟻に対して有効な術を持っていない…。
201806242259110da.jpeg 

◼️働き人間

どうあがいても侵入を防げず逃げる様に街へでた。

多くの車が行き交い近代的な建物が並ぶこの街だが、既に蟻に堕とされている。

人間は巣のために必死に働き大きな大きなビルを建てた。

その代表がクアラルンプール中心地にそびえ立つ
ツインタワーと呼ばれる高級蟻塚だ

ここに住む蟻は人間達を見下しながら甘い汁を啜っている
201806242318076f7.jpeg 

◼️3万559円の希望

対蟻専用自動追従型回転式吸引機

これを床に置けば自動で蟻どもを駆逐しながら
ついでにゴミも掃除してくれるという噂を耳にした。

実際に知人の住居は人間の生活を取り戻し始めていると聞く

2万5千年の続いている戦が3万559円で終わるとなれば破格…

恐る恐る、淡い希望を抱きながらソレを床に置て1時間後

蟻どもを駆逐してドックに戻っていく姿を見て震えている自分がいた。
20180624224359ae7.jpeg 


6/24日は蟻との縄張り争いに勝った日

ここは人間の家である。

さぁ
明日から働き人間。

おやすみなさい。

日記絵
起動前の祈り
20180625001311635.jpeg