INDEX    RSS    ADMIN

Cervelo R5 納車

2016年5月28日(土)

待ちに待ちに待ちに待った。

CERVELO R5 誕生
20160528.jpg

写真では伝えきれないくらいかっこよくて・・。

納車して直後に走りに行こうかと思っていたけど

床に寝っ転がってみるこの写真の角度が好きで。

かっこええーかっこええーーー

と思ってたら眠くなって寝てしまった。

R5 Ultegra 完成車
サイズ  54
フォーク Cervélo All Carbon, Tapered R5 For
ヘッドセット FSA IS2 1-1/8 x 1-3/8”
シートポスト FSA K-Force
リア/フロント/シフター/ブレーキ Shimano Ultegra 6800, 11 spd
クランク Rotor 3D+ BBright™, 52/36
BB Rotor PF-30
ハンドル FSA Energy Compact
ステム FSA SLK
サドル fi,zi:k Antares
チェーン Shimano HG700, 11 spd
ホイール CORIMA AERO S チューブラー 47mm/32mm(フロント/リア)
タイヤ コンチネンタル コンペティション
重量 約6,5Kg
ペダルだけアルテグラ在庫無くて急きょデュラエースに。

コスパでいったら今流行りのキャニオンの足元にも及ばないなぁと思う

R5アルテグラ完成車の付属ホイールは2~3万円ほどのものだった。

でもカッコイイから全てよし。


初走行

軽いっ

フル装備のCaad10(約10Kg)を持つつもりで持ち上げると

あまりのギャップにバックドロップしてしまう。

そして土曜に納車して、この休日で160Kmほど走ったけど

地球がちょっと平坦になった。

2~3%の斜度は坂に入った感じがしなくて

むしろグイグイ加速できる感じがした。

ダンシングもシャッシャ動ける。

ぬぅ・・。軽いってすごい。

土山峠タイムトライアル

もう勝利の方程式しか見えないじゃないか。

5月29日(日)
午前4時30分 起床

午前7時 タイムアタック。

全力。全力。

最初の2分で心拍が190

でも、いける気がする。

後半つづら折りに差し掛かる前の斜度があがる部分になっても

道路がキレイに舗装されたかのような走り心地。

走りやすい。これがR5の能力か・・

悪くない。悪くないぞ!

最後は全力ダンシングで

オェッ・・・

心臓が裂けそうにいたい。

タイム、タイムは・・・・




あ、計ってなかった

興奮のあまりタイムトライアルでタイムを計り忘れていた。

なんだったの今の苦しみ。

そして帰りに峠の道を見たら

道路は本当にキレイに舗装されていた

2016052901.jpg 

これがR5の力か・・・


まとめ

このあとヤビツ峠も3回タイムアタックしていたけど

ちょっとなんだかたまたま劇的に類まれに調子が悪かったのか

タイム更新できなかったので詳細は闇に葬ろう。うん

ニューバイクになってポジションの課題はたくさん出てきたので

今後少しずつ調整するぞ。

最後に

R5はカッコイイし速い!

ではでは

今週もぼちぼちと。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

第三十回ツールド八ヶ岳 参戦

タイム : 01:27:03
年代別 : 24位 / 53人
総合 : 243位 / 1118人


ヤツガタケ?


長野県と山梨県の間にある巨大な山で。

そんな山を自転車でえづきながら25Km登る酔狂なイベントへ参加してまいりまして。

2016041700.jpg

デビュー


初めてでした。大会もそうですが

レンタカーってものを借りることが。

車って、なんかすごい大人。

もういい年な人間ではあるものの、車に縁の無い生活をしているので車が新鮮・・・。

電灯の少ない夜の中央高速道を一人走りながら

バックミラー越しに後ろの席をみると愛車のCAAD10

なんと素晴らしい空間か。

----------
-----
---

23:00

長野県は大会会場付近の駐車場に到着。

今夜は車中泊である

銀マットを自転車の横に敷いて寝袋入って。

隣を見れば好きな自転車。

なんと素晴らしい空間か。
2016041702.jpg


大会当日


4月17日(日)

5:30 

一睡もできず起床。


車のトランク部分って全然平らじゃないのね・・・

目だけ閉じて眠るポジションを探して身体をさまざまな形に変形させていたら

チュン。 チュンチュンチュン・・・

コトリ達の声

朝か・・・・。

コンビニで買っておいたオニギリと野菜ジュースでエナジーチャージ。

2016041701.jpg

----------
-----
---
7:00

受付を済ませて会場付近をブラブラ。

思っていたよりもアットホームな大会だ。

地元の方が総出で盛り上げてくれている様子

他の大会だと交通整理の方が怒鳴ったりしてピリピリしてるけど

なんだかとてもユッタリと時間が流れていていいなぁ
2016041703.jpg

----------
-----
---
9:00

いよいよレース開始。

天候は思いっきり雨

そして風も強くて冷える冷える・・・。

運営の方が青いビニール袋を配ってくれて、防寒着代わりに。

全体で1000名ほど参加されているようだ。

僕は男子30歳までの部。

サムイサムイーと思っていたら緊張する余裕もなく

9:02

スタート。
2016041705.jpg

----------
-----
---

50名ほどの集団が一斉に走り出す。

今回はスタート位置に気をつけようと思い早めに並んだおかげで

中ほどの列をゲットしている。

コースは最初から緩い坂になっていたので

最初頑張って集団先頭に混じる作戦。

スタートと同時にガッシガッシペダルを踏む。


が。

まったく順位が上がらない。

上がるのは心拍数だけ

僕の心拍は165~170前半に押さえないと1時間のヒルクライムには耐えられない

それがスタートしてものの数分で180を超えていた。

データを見返すと心拍180以上が38分もあったようだ。

これで僕は無酸素で38分生きられるという事が証明された。脳細胞死にすぎだ
2016041710.jpg


その結果

脚は重たく鉛の様に感じ

腕はハンドルを握るのが辛いほど痺れてきた

ちょっっと得意意識があった急な坂でさえ

後ろからゴボウ抜きされる始末

今までで一番辛いヒルクライム

水分を補給する一瞬でも呼吸が止まってしまうのが辛い。

ちょっと脚を休めて心拍を160台に持っていくとゴボウ抜き。

くっそ・・・

坂で抜かれるだけでこんなにも心が折れるとは。

最後には遥か後からスタートしたはずの

ゼッケン番号1000番台の人にも抜かれてしまう。(自分は200番台)

ぐぬぬ。。。

途中にあった平坦区間で一矢報いねば。。

大体20Km/hで皆走るところを30km/hで追い上げて抜き去る。


そして数分後、坂の区間でまたゴボウ抜き・・oroz

アレレ・・・

これじゃ平坦得意みたいじゃないか・・

アレレ・・・

僕登り得意だっけ。アレ・・・。


ゴール。
2016041707.jpg

振り返り


ぼこぼこにされた休日・


・心折られる大会だったけどもっと大会出たい!
→ 人と走るっていいな と。

・完全に実走不足。ローラーマン敗れたり。
→ やっぱり坂早くなりたきゃ坂を昇らないとダメだと実感。

・車中泊楽しい。次やるならマット買おう。
→ 心拍が睡眠のせいなのか分からないけど、グッスリ眠るの大切。

・リア28Tじゃないとやっぱり無理じゃないか?
→ 間違いない。我輩は貧脚である。


さー

今週もぼちぼち働こう。


ではでは

おやすみなさい。

週末は大会!

ツールド八ヶ岳

ペーパードライバーが車をレンタルして八ヶ岳までいってまいります。

まぁ走る分には問題ないけど・・・・

僕は駐車ができない。

後ろ向きに車を走らせる事ができないのだ。

いや・・・

出来ないと言うのは格好が悪い

僕は止まる事はあっても絶対に前にしか進まない

そんなドライバーだ。

とにかく人気の無い、広い敷地にポツンと駐車を目指して行ってまいります。


当初は嫁さんと一緒に旅行がてら行こう思っていたけど

原稿の締め切り近いからムリ

と。

オタクイベントに余念が無いようで・・

そうなると一人では宿とるのも億劫になってしまう性格

バイクでの野宿生活に比べたら

車は室内だし

ギリギリ眠れるNBOXというホンダの軽自動車を予約したのでダイジョウブでしょう。

ということで車中泊。

温泉入って車で自転車と共に眠ろう。

うーーーん。。。楽しみだなぁ~

準備をバッチリ整えよう。

タイヤもチューブも新品に交換したし

あとは変速を土曜日に調整して、土曜の夕暮れには長野へ出発です。


安全第一。


さー
もう気分は週末。

ぼちぼちと働こう。

ではでは

おやすみなさい。


日記絵
ジャージ考え中。

基本は赤+黒だけど

最近色んな色があるのが好きになってきて。

もうちょっと入れたいな~

後ろは良いけど前が中々シックリこないなぁ
フォントかな~うーん・・・
あとはビブももう少し試そう・・
20160415.jpg

群馬県は榛名山へ

行って参りました。

5/22日に通称ハルヒルというヒルクライム大会がありまして。

5000名ほど出場する人気な大会だそうで。

そちらへ友人のぷねお君と出場する予定

群馬なので、ギリギリ試走へ行ける範囲ではあります。

ということで土曜日に突撃。


2016040404.jpg

トレインを牽く


埼玉県は高麗川(こまがわ)駅まではお互い自走で集まって、そこからは輪行で高崎駅へ向かうプラン。

神奈川の自宅から高麗川(こまがわ)駅までは約50Km。

それくらいなら自走でいっちゃうのがロードマンである

午前6時 出発。

到着予定は午前9時30分

走りだしてすぐ異変に気づく。

なんだか怖い。

「おぉ~スピード出てるな!」

と思ってメーター見ても22Km

完全にサイクリング速度なのに身体が怖がっているのだ

普段ローラーで40Kmや60Kmだって出せているのになぜこんな速度・・・

あぁ。気づいた。

そういう事か

ローラーはいくら回しても体感速度は0Km

実走がひさびさ過ぎて、身体がスピードに対する耐性を失っているようだ。


うわ、こわっ

アスファルトとかこわっ

車も通るし、車道とかこわっ

え、走りながらアニメも見れないの実走って

室内ローラー最高

そんな事を心の中で呟きながら走っていたら疲れちゃったので

実走あきらめて八王子駅から4両編成のトレインの最後尾車両へ

いやぁトレインの後ろは楽だ。

ウトウトしながら高麗川駅まで夢心地
2016040402.jpg


高崎駅到着


12:30

群馬県は高崎駅へ到着。

ささっと自転車を組み立てていざいざ榛名山へ。

現地までは15Kmほどだ
2016040401.jpg

榛名山ヒルクライム 開始


14:30

途中で蕎麦たべてダラダラしていたらこんな時間。

登るぞ上るぞ!
2016040405.jpg

前長16Kmくらいだろうか。

後半に近づくにつれて斜度があがり

最後は14%の坂が続くのがこのコースの特徴のようだ。

試走といえども

ダラダラ登らずチャキチャキと

心拍は3~4km走ったあたりから170をキープ

うーん・・長いぞこれは。

そして、脚が重い。

10%ほどの斜面になると速度が一桁台

くっそ・・・こんなに辛いのかハルヒル

ギリギリ


ペダルを回す度に

「シュッ シュッ...」

妙な音が聞こえる。

ペダルはどんどん重たくなる。

終盤の山場 14%の斜面に差し掛かると脚はプルプル

汗をぽたぽたトップチューブに垂らしながら登る

残り500m

友人「あれ?後輪へんだよ~」


ん?

そういえば、なんだかガタガタしている。

どうやらスローパンクしていたようだ。

なんとか頂上まで保ったことに感謝

57分03秒
2016040403.jpg




山頂付近はまだ雪が残っていて冷える。

山登るときはまだ冬装備必須だなぁ


そして下る前に代えのチューブもスローパンク。

もうこのタイヤは寿命か・・・

なんども空気いれながら下り

下りきった所で再度空気いれようと思ったら根元からポッキリ・・・orz
2016040406.jpg

ちょっと大きくても良いからしっかりとした携帯ポンプを持ち歩く事を心に誓う。

立ち往生状態だが、リムでガタガタいいながら最寄り駅まで8Kmほど走る。

いやはや・・こりゃ痛んだな~心が痛む

shopで見てもらってダメならば同じような鉄下駄ホイールを買おう・・。


----------
-----
---

22:30

帰宅

げっそり。

3歳ほど老けたのではないか。

輪行って独特な疲労感だなぁ

しかし5月にもう一度試走へ行こう。

100位以内になりたい。同年代で。


さー、

今週もぼちぼちと。

ではでは

おやすみなさい。

悩む

悩む・・・・・。

新年度にもなりますし色々仕事も忙しいですし・・・・

最近悩みが多いです。

主に自転車の事で。


いや、何に悩むかというと

・新しい自転車を買うか。

・新しいホイールを買うか。

なのです。

そんな嬉しいことだらけで何に悩むのか!

と思いきや、僕の宗教は

自分の身の丈にあった機材で少しずつ速くなって

自転車の楽しみを少しずつ味わいたい教


なんです。


そして、それで言うと

・新しい自転車を買う。

は随分楽しみの道程をワープするんですね。

うーむ・・・。貧乏性にはもったいなく思えてしまう。

しかし自転車は機材スポーツの一面も強く。

本格的に体力が落ち始める前に

最高の機材でどこまで速く走れるのか

気になる年頃。

うぅーーーーん・・・・・。

・・・・と悩みつつ

先日新しい自転車の手付け金を支払ってはおるのですが。

詳細は買う決心がついたら!
2016032802.jpg


まだ手付け金なので、確定はしていないけれども

実際に買うとすれば6月くらいだろうか。

富士昼とかハルヒルとかの大会は終わってるけども

一人大会の土山峠で使えればそれでいいのだ。


そして、もし自転車を買うとなれば

Ducati 1000Sを手放そうかな・・・・・・・・・・・と。

これがすごく心が痛い。

文章にするだけで心が痛い。

だが先の人生の事を考えると、遅いか早いかの問題だろう。

うーーいたい、いたい。

嫁さんは持ってれば?

と言うが、気が変わったら刺されるだろう。いたいいたい


大阪の友人とのDucatiツーリングはエストレヤになるか。

あと1ヶ月の内には決断せねば。

そしてサンフランシスコで買ったパワーボールという宝くじの当選を祈ろう。


ふー。

とりあえず若干風邪の兆候があるので封じ込めねば。

今週は安静にして自転車乗れず。

さー

明日からぼちぼち働こう。


日記絵

自分用サイクルジャージを考え始める
【形】
・アンシンメトリー
【要素】
・傾斜
・山岳賞ジャージ要素
・等高線
を入れていきたいなぁ
20160327.jpg