INDEX    RSS    ADMIN

帰国

1ヶ月の語学留学から帰国しました。

平日は何からなにまで全て英語で頭いっぱい。
下の写真の部屋にこもって授業を受けてました。

小さなミッキーマウスとゴキンちゃんとの1ヶ月共同生活。

日本では野宿もできてフィリピンでも余裕かと思ってましたが
余裕で眠れぬ日々。

あ、繊細っだったんだ、僕。
日本って快適。
pllip005.jpg

宿は高級住宅街に位置していたので安全でしたが
一歩でれば自由街。

海賊版ゲームや謎の携帯が大きなショッピングモールで堂々と売っているとは・・

楽しい国じゃないか。

iphoneのバッテリーがちょうどイカれてしまったので、直してもらいました。

2000ペソ(4500円)といわれ、安っと思ったが交渉したら
1500ペソ(3500円)に・・。

基本的に外国人価格で持ちかけてくるので、買い物には交渉が必要なんだなぁ

ふーむ、新鮮な感覚。
pllip006.jpg

pllip004.jpg pllip007.jpg

勉強以外にも思い出作らなきゃ。

てことで行ったのがセブ島とボホール島。

学校のあったケソンシティは首都マニラから車で1時間くらい。

マニラから飛行機で1時間ちょいでボホール島に到着。
ボホール島とセブ島は船で2時間。

セブ島からバスで3時間揺られて到着したのがオスロブという地域。

甚平鮫と泳いできました。

pllip001.jpg pllip003.jpg

トータル1500ペソ(3500円位)で写真もとってくれて、甚平鮫と一緒に泳げて、最高の思い出。

沖から手漕ぎボートで5分もしないところに3~5匹くらい泳いでいたのにはビックリ。。

ボホール島は海とチョコレートヒルが有名。

5月の乾季に草が枯れてチョコレートに見えるそうな。
9月末は青草でしたが人も少なくて快適に観光できました。

海はちょっと泳ぐと海ガメがいたり。
色彩豊かな魚が泳いでいて、ほんと飽きない。
pllip009.jpg pllip008.jpg

水圧のないシャワーはつらかったですが、
全部ひっくるめても最高な思い出がつくれました。

あ、バイクレンタルして走ろうと思ってたのは
実際いったら無謀すぎました。

車線や車間って関係ないんだなぁ
対向車線でも空いてれば走る。はやいだろ?そのほうが。

なるほど。。

日本車の車間認識や車線認識はフィリピンで動作したら走れないだろなぁ


、、と、色んな新鮮な感覚を体感した1ヶ月。

最高の思い出が作れました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント