INDEX    RSS    ADMIN

サイコン導入 Garmin Edge 500

土曜日。久しぶりに晴れました。

自転車三昧
と行きたい所ですが、荷物の受け取りがありまして。

Garmin Edge 500


以前の記事
で欲しいなぁとつぶやいていたサイコンことサイクルコンピューター。

こちらの方、お給与がでたその日に注文しておりまして。

先日、遂にやってまいりました。
【購入品】
写真左から
20150906gm02.jpg
マウント
メーカー / PWT
モデル / アウトフロントマウント
値段 / \2,457

サイコン
メーカー / Garmin
モデル / Garmin Edge 500
値段 / \26,345

サイコン保護用品
メーカー / ??
モデル / Garmin Edge 500/800用ケースと保護シート
値段 / \1,000

合計\29,802

お小遣い3万円を即日使い切るやりくり上手な自分。
次回お給与までは光合成しながら生きていこう。

取り付け

取り付けの工程は検索すると山ほど出てきたのでいろんな記事を参考にさせていただきました。

で、どうなるかというと・・・

(左)
ハンドルにトピークのマウントケースで携帯を乗せていた図
(右)
サイコンだけにまとめた図
20150906gm03.jpg20150906gm01.jpg

スッキリー!!

初めて走る道は携帯ナビ使うからよしとして
慣れた道や大会はこちらにしよう。

あと、サイコンについてきたこのセンサーを取り付けまして。
ようやくペダルを回す速さ(ケイデンス)と時速が分かるようになりました。
20150906gm05.jpg

なぜGarminにしたのか?


数あるサイコンの中でGarmin Edge 500にした理由
安ければ3000円~あるサイコンの中で
Garminはサイコンの中でも最上位クラス。

長く使っていけば欲しくなる機能がすべて詰まっているのが人気の理由だそうな。


中でも僕が購入を決めたポイントは
・バーチャルパートナー機能
コース情報と理想のタイムを設定しておくと現在地を照らし合わせて競わせてくれる

この機能に惹かれたからでした。

Stravaもそうだけど、一人でも競えるって楽しい。

次に
・バックライト搭載
夜は基本走らないですが、世の中にはブルペという
タイムを競わず決まったコース200Km~600Kmを走る大会もあるそうで。

なんがーい目で見ればどこに食指が動くか分からず。

備えあれば憂いなしで嬉しいなというやつです。

まだ1度しか実走で使っていないので使い勝手は分かりませんが
まあぼちぼちと。


よし。

今週も働こう。

ではでは
おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント