INDEX    RSS    ADMIN

雑兵アラサー練


■雑兵同年代ローディーの集い
【参加者】
・タクミさん(29歳)
・ヨーヘイさん(30歳)
・ウドンさん(30歳)
・タカヒロさん(24歳)※後半から参加

僕が所属しているチーム雑兵は40代の方々が強い。

体力だけでいえば若さは武器になるのだろうけど

プロではない趣味ローディーには

仕事と家庭と財力の安定

が必要だ。

これが40代になると熟してくるのだろう。

仕事や家庭のバランスを保ちながら続けられるってすごい事だ。

とりあえず集合して

「家事とか掃除は全部やってますよ~あ、今日も14時には帰宅しないとまずいっす」

と、作戦会議を行う。
2016071805.jpg 

■タクミさんの巧みな作戦

今回の全行程はタクミさんが主導だ。
高低差は下の通り坂ばっかり。

2016071801.jpg

一番のデッパリ部分は和田峠

全長3.6Km
平均斜度9%

2016071806.jpg 

東京都は八王子市から神奈川県相模原市緑区の間にある峠。


こんな山を登るのだから峠まで脚は温存しておきたい所。


さて出発。


からの全力走行


「練習場所に着くまでが練習です!脚を終わらせた状態で峠行きますよ!!」


必死で着いていったらとあるセグメントでTOP10入り。


出発して30分もせず僕の脚はもう終わっていた。


2016071807.jpg 



■和田峠デビュー

平坦大好きなウドンさんのテンションと心拍がみるみる下がるなか


和田峠入口に到着。

2016071804.jpg 


いやぁいいところだなぁ~~


川のせせらぎが気持ち良いし、何より涼しい。


こーいう山が好きだ。


国が定めた海の日に山に登るのも乙なもので。


もう脚はビクビクなので気にせず心拍上げて登るだけだ。




■和田峠アデュー


もう登るまい!もう登るまい!


そう思いながら登頂完了。


18分05秒

2016071803.jpg 



登り終えてしばらくすると


まぁまた登ってもいいかな。


と思えてしまう不思議。


人間の忘れるって能力は偉大だ。


和田峠は涼しくていいなぁ


日の出ヒルクライムにも少し似ているし練習にいいかもしれない。


ウドンさんも21分で登頂。


鍛え上げられた身体をゆっさゆっさ揺らしながら登る姿は迫力がある。

2016071802.jpg 



■気づいた事


集団との車間をあける癖がある

→車の運転もそうだけど必要以上に車間をあけてしまう。

もっと寄れば楽なのに、中途半端にちぎれかけのまま走ることが多かった。

随分なれてきた方ではあるけど、まだくっついて走るのが怖いのだろう。


・急斜面で登れるようになってきた

→R5で初めて登ったヤビツを思えばずいぶん乗れている。




■まとめ

ずっとハイペースだった。


休憩してたら初めて大腿四頭筋が攣っていたから


かなり密度の高い練習だったように思う。


これは強くなれる気がするぞ~。またやりたい。


さー

今週は労働短くてお得なだなぁ


ぐっすり眠って回復しよ~


ではでは


おやすみなさい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント