INDEX    RSS    ADMIN

7/1

◼️流しタクシー


街を流しているタクシーの大半はこの赤のタクシー。

基本的にメーターで走ってくれず、交渉が必要になることが多いため

なんとも悩ましい乗り物になっている。

現地の人ですら使いたがらない。

もちろん中には良心的なドライバーもいるだろうけど

極力乗りたく無い乗り物だ。

201807012350540f0.jpeg 

◼️個人タクシー

グラブ

そう呼ばれるタクシー配車アプリがマレーシアでは使われている。

これ無しでは生活を考えられないほど僕も日常的に使う。

隙間時間に個人がタクシー営業を出来る仕組みだそうだ

料金も乗る前に提示されていて、カード決済も出来るから
もはや流しのタクシーに乗るメリットがなくなってしまった。

…と思っていたけど最近は問題も感じる。

◼️ちんちんタクシー

一般人と一般人。

話す事が好きな人の車では会話が必要だ

日本が好きで…と言っている相手を邪険に扱う事はできない。

しかし夜中0時近く、仕事で疲れた頭で慣れない英語の会話は大変だ。

それが下ネタなら尚のこと大変だ。

タクシーに乗り込み僕が日本人だと分かると

オジさんは嬉しそうに「ちんちん」の説明を始めた。

ちんちん」 はマレー語で「指輪」を指すようだ。

残念なことに日本語で「ちんちん」は「ちんちん」だ。

出会ってちんちんの説明が始まるまでかかった時間は1分半ほど

オジさんの鉄板トークなのだろう。

そして僕が「結婚ちんちんを無くして奥さんに怒られた」というと

大笑いをしていた。

マレーシアにきて何やってんだろう

そう思った瞬間だった。

マレーシアにはちんちんタクシーが走っている。

明日はどんなタクシーと出会うのだろう…

さぁ今週も少しずつ。

おやすみなさい。

日記絵
ちんちんおじさん
20180701235053ec5.png 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント