INDEX    RSS    ADMIN

ame

今日はいつもより仕事が押してしまい
会社を出たのは0時過ぎ

雨のシトシト降る中、自宅へと向かっていると
松葉杖を突きつつ首で傘を支えながら歩いてる人が。

追い越してみると
白髪まじりの髪の長い女性。
年齢はおそらく自分の母親位

一旦追い越したものの、あまりにも不憫そうだったので
なんやかんやして、傘を持って上げることに

これが、古く骨の何本か折れているやたらと重い傘。。

それから20分近くお互い一言も喋ることなく
黙々と歩き

見知らぬ土地のコンビニが見えた辺りで
女性が じゃぁここで・・ と言う事だったので

ではでは。 と別れたのですが

本当にここで大丈夫か と気にかかったので
10歩も歩かない内に
女性が居た場所を振り返ると


誰も居ませんでした。


ちょっとゾワっとしてしまったなぁ・・・


きっと普通にいらっさる方なんだろうけど、
シチュエーションやら雰囲気やらで怖いものになってしまった。


とりあえず
風呂で目つぶらないために
顔を半分づつ洗っときました。


うーむ

おやすみなさい!

090310_0127~0001
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント