INDEX    RSS    ADMIN

Windowsムービーメーカーでの高画質保存方法

自分の為にも、毎回思い出すのが大変だので書きたいと思います。

【準備】--------------------
Windowsメディア
から
・Windows Media Player10以上と
・Windows Media エンコーダ 9
をDL&インストール。

------------------------------

この、(Windows Media エンコーダ 9)の中に
ムービーメーカーの保存画質設定を自分で作成する事の出来るキットが入ってます。

そして、下のパスをたどっていくと
(c)→ProgramFile→Windows Media Components→Encoder→【WMProEdt.exe】

コレがあるかと思います。↓

mmv

で、クリックすると・・・
5555.jpg
こいつが、ムービーメーカーの保存形式を作成してくれます。

・名前記入
・ビデオのモード、コーデック
・オーディオのモード、コーデック
を設定します。

CBR・・・固定ビットレート
VBR・・・可変ビットレート

ドッチが高画質かといったらVBRの様なのですが、僕にはわかりませんでした。
とりあえず、再生ポイントのシーク(読み込み)の速い CBR で設定します。

で、【追加】タブをクリックしてビットレートを設定します。
777.jpg


とりあえず、20Mで。

※ビットレートとは、1秒間に転送出来るデータ容量 だそうです。
こいつが高いほど、高画質になるようで。

一般的なDVDのビットレートが 10Mbps なので
20Mbpsで十分すぎる気もします。

使ってるマシンによっては、ビットレートを下げた方が安定するかもしれないです。


OKをクリックすると、↓が出てくるので設定。

8888.jpg
ビデオサイズを 1024×768 と入力。


以上で、保存して終了!

最後に、この作成した設定を、ムービーメーカーに読み込ませなくてはいけないので

(c)→ Program Files → Movie Maker →Shared → 【Profiles】

この中に保存!


これで、ムービーメーカ設定に自分の作成した設定が読み込まれるとおもいます。

999.jpg


ではでは。。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント